SFC 『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』

久しぶりの更新…
てなわけではないのですけど、何も語らないのはどうかと思うまして、懐かしのゲームを紹介します。



外伝を含めたらFEシリーズ3作目。
本作独自のカップリングシステムで自由に恋愛させるのが売りです。
最初は有利だったり王道な組み合わせでゲームを進めていくのですが、何週目かするとあえて不利な組み合わせで挑むというツワモノ(?)までいたほど、FEシリーズの中では飛びぬけていました。
馬で走るフォルセティ(レヴィン×ティルテュ)を試そうとして2週目プレイ途中にデータが消えてしまって(涙)
根本は人間同士の『愛』を描いているのでしょうが、兄妹・家族・友情にも重点が置かれてました。
身内同士で対立させるという図式は当時の任天堂にしては珍しく生々しいストーリー展開だったなぁ。

攻略本やコミカライズにアンソロが数多く出されたので、今でも中古本屋行くたびに読みふけっていますww

そういえば、二次創作で有名(?)になったフィン×ラケシスにハマるきっかけというか、5本の指に入るくらい好きなCPのいるゲームでもありました。(1番は聖剣3のホーク×リースww)トラキア776でも半ば公式だったような…(←クリアしていないのでなんとも言えない)

テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

     

PC 『Fate/Stay Night』 クリア



本日のレビューはPC版『Fate/Stay Night』です。

手にしたものの願いを叶えるという聖杯を巡って魔術師マスターと彼らが使役するサーヴァントが対立する聖杯戦争。ふとしたきっかけで金髪のサーヴァントと契約した主人公は否応なしに戦いに巻き込まれてゆくことになる...
(一部Amazonから抜粋)





実は5年くらい前に買ってあったのを長いこと放置しててPS2版もだいぶ前に買ってあるのに、これも放置してて劇場第3弾決定したみたいだしでとりあえずPC版のを先にクリアしとこうかと。

内容はオーソドックスなADVで一人のルートをクリアしないと、次のキャラのルートに進めないという弊害はありましたが、流石は数年前に発売されたゲームだというにも関わらず、膨大なテキスト量と美麗なCGの多さに圧倒されっ放しでした。

BGMも同じ曲を多少アレンジしててクールな雰囲気のも一転して重苦しい雰囲気に作り替えているのはすごいなと。

ストーリーも一部2005年に放映されたTVアニメで一部知ってはいたものの、先が見えるという展開は全くなく、終盤の謎ときには大いに驚かされました。



以下からネタバレ有り↓


続きを読む

テーマ : Fate/stay night
ジャンル : ゲーム

tag : ギャルゲー

     

SFC 『ドラえもん のび太と妖精の国』



これも懐かしくなって動画眺めていました。
記憶が正しければ、小学3年生にプレイしてたかなと。
RPGパートとアクションステージに分かれていて、RPGパートで町の人たちから話を聞いてヒントをもらい、怪しい場所に向かって調べるとアクションステージに変わります。

ただ、ストーリーが自然破壊やエコロジーをテーマにしている為か、OPが物悲しいBGMから始まり、ややホラーチックな内容で突然歩き出すだけで怖いBGMと共に地震が起きたり、雷が落ちたり竜巻に巻き込まれたり、終盤では魔物が人間界にやってきたり(演出のみで実際に遭遇することはないのですが)と暗い雰囲気です。

秘密道具は作中で探し出して、攻撃アイテムだったり、次のステージに進むのに必要なアイテムだったりと用途は様々でした。
しかしながら、ギガゾンビの逆襲のようにほぼすべてのアイテムが登場しないのは物足りなかったり...タイムマシンも使えないですしね...便利アイテムのタケコプターが終盤にならないとゲットできなかったりと難易度はちょうどいいのかな、と思いきや、妖精の国に投入したとたん、各キャラ毎にボスのいるステージをクリアしていくのが大変でした。
今までごく普通に先に進めばよかったのでいきなりこうきたか、と思い知らされました...

オリジナルキャラの出番も序盤とEDにしか登場しないのも物足りない気もしました。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

tag : レトロゲーム

     

SFC 『ライブ・ア・ライブ 』



またもつべで懐かしいゲームプレイ動画を見てたので語りたいと思います。
ネタバレ有りなので以下から注意↓



おそらく8年前くらいに、親戚から借りてプレイしてたかなと。
小学館雑誌で連載中の漫画家7人がキャラデザを担当する趣の違う7種の世界から選んでプレイしていきます。
シナリオ1本だけでも長いのに7つクリアするのが面倒くさかったり、FF6の影に隠れてしまいましたが、私のお気に入りゲームの一つです。
各シナリオを端的に記すと...
現代編・・・ファーストプレイで選択して、ボスの強さに圧倒されて結局最初からやり直した記憶が。
幕末編・・・0人斬りや100人斬り等、やりこみ要素があってかなり楽しめた。
SF編・・・宇宙船という閉じ込められた空間で人間同士のドロドロあり、ベヒーモスに追いかけられるパニックホラー要素ありのトラウマシナリオ...キャラデザが『BASARA』の人ってのも驚き。
西部編・・・罠を全て仕掛けられずにボス戦で苦労したことも...
功夫編・・・平等に修行付けてレイ(最終編での唯一女性キャラ)を継承者に出来なかったことを悔やんでいる。今だったらぜったいそうしてるのに。
近未来編・・・心を読める能力を楽しんだ。
原始編・・・言葉がなく、においで敵を探すのも楽で一番簡単だったかな~。
...という思い出がございます。どこでもセーブ可能なのがうれしいですが、下手すれば詰んでしまいそうな仕様です。
すべてクリア後に中世編に突入してから当時でのRPGの概念を覆す展開が待ち受けていました。
中世編の主人公が仲間に絶望してしまい、自ら魔王となり最終編ではラスボスとして君臨します。
ラスボス視点のエンディングが2種ありますが、どれもバッドエンドという衝撃展開でした。
最終編に突入しても、各主人公の最強装備を手にするやりこみ要素もあったので、あまり苦では無かったです。

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

     

PSV 『オーディンスフィアレイヴスラシル』 クリア



先日ようやくレベル引き継いで全キャラクリアしてすべてのEDもコンプリートし、ボスラッシュもあらかた終えてのレビューです。全種類のサイファースキルを制覇してはいませんが。

過去に『朧村正』プレイしていたということもあり、そちらの出来がよかったので、ヴァニラウェア制作で比較的評判の良いとのことだと聞き、近所のゲームショップで急いで限定版予約したくらいです。

まずはネタバレのない所から。
ヴァニラウェア制作ということで、2Dのグラフィックは相変わらず綺麗だし、特に喫茶店やモーリーの青空レストランでの食事シーンにも美味しさが伝わってくるのが良いです。(前回の朧村正は食べ物がぷるぷる揺れておいしそうに見えました。)

オーソドックスなアクションRPGなものの、主人公は5人いてそれぞれキャラ付けされているし、性能面で被っていると思えるキャラもいないので上手く差別化されているかなと。剣だったり、弓だったり、チェーンだったりと多種多様…
ただ、最初にプレイできる主人公が一人だけなので自分で選んでプレイできる楽しみがないのが物足りない気がしました。
最初に選択できる主人公・グウェンドリンは槍使いでリーチが長いかと思いきや、思いのほか動かしづらく初心者向けではないな、と思いました。


以下からネタバレ含みますので隠します↓

続きを読む

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

     

SFC 『ファイナルファンタジー6』



またも懐かしい動画見てました。
FF6と言えば、おそらくSFC末期に発売された高画質ソフトで5までが豆粒のキャラクターだったのに対し、二頭身になっていてグラフィックの進化を感じさせました。
特定の主人公が定められておらず、ある一種の青春群像劇のようなRPGを目指した、とスタッフが述べております。
中盤のオペラとかかなり意気込みが感じられましたし、セリフの選択でゲームオーバーになるのも新しい趣向だと思えます。
前作『5』のジョブチェンジと似たような魔石システムも斬新でしたし。
全員装備可能で魔力を持たない者でも魔法が使えるようになりました。次回作『7』に例えるマテリアシステムみたいなやつですね。

ちなみにこれの予告CM、リアルで見たことなかったので、youtubeで視聴出来たのはまた別の話ww


テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : スクエニ レトロゲーム

     

レトロゲーム 『夢ペンギン物語』



またもゲームセンターCXネタですが、過去にプレイしたレトロゲームの一つ 『夢ペンギン物語』
単純なアクションゲームなものの、時間制限の短さ、ダイエットを主体としている為食べ物を獲得すると体重が増え太ったままクリアするとゲームオーバーになるというシステムが特徴です。
また主人公のペンギンが肥満になると、パワーが上がりますが、動きが鈍くなり、痩せていくにつれ動きがスムーズになるものの、攻撃力が下がるのも慣れるまでが大変ですが、斬新な手工でした。

今思い出したら、当時のコナミってなぜかペンギンが主役の作品が多かったような...
けっきょく南国大冒険夢大陸アドベンチャーもそうだし、かの有名な(?)パロディウスに至ってはペンギン事態が飛行船扱いだし...
当時はペンギンブームだったのだろうか。

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : レトロゲーム

     

SFC 『聖剣伝説3』

またも懐かしいプレイ動画見たので、思わず語ってみたり。



とは言っても私が高校生の頃にプレイしてたのですけどね。
親戚が是非にと進めてくれたので。
実はこれが初の聖剣だたtり。
世間では、『2』のが名作と言われてますが、やっぱり最初にプレイした『3』の方が思い入れ強いです。
主人公は6人いて、選べるキャラは3人のみですが、それぞれ独立したストーリーながらも、各所で密接に絡みながら一つに集積し、宿敵にたどり着くという流れが当時としては斬新でした。
本作の特徴でもあるクラスチェンジでキャラクターの服装が変わり、設定資料集(今は手元にないですが...)見ながらnynyしてのを思い出します。ゲームだと豆粒みたいなグラフィックなのが残念ですが。
元より、結城信輝さんのデザインが好きなので。

ちなみに主人公の一人・リース(槍使いで金髪のアマゾネス)は未だに同人誌(爆)でお世話になっている根強い人気を誇る女性です。


テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : スクエニ

     

PSP 『十次元立方体サイファー ポータブル』 クリア

これも何年か前に買ってあって、今になってプレイ再開し始めました。



本編シナリオに合わせ、外伝シナリオと十次元からの挑戦状もクリアしたので、レビューさせていただきます。
『EVE burst error』、『DESIRE』、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』で有名な菅野ひろゆきさんが監督しているということでプレイしておきたいと思いまして。

まずはネタバレのない部分から。
システム面は過去にプレイしてた探偵紳士シリーズと似通っており、時間が経過することによって、各キャラクターの位置やイベントも発生するので、もたもたしていると、次のシーンに進めなかったりと少々時間制限が厳しくなり、下手するとすぐにゲームオーバーになってしまうこともありました。

途中で挿入される謎解きクイズも一応ヒントは用意されているのですが、大変分かりずらく、各所で攻略サイト回って見ましたが、攻略規制されている為か、ほぼ自力で解かなくてはいず、なかなか進められないことも多々ありました。

グラフィックは女性キャラと男性キャラの描き方に大きく差があるので、プレイ当初は違和感ありましたが、同じ人が作画担当しているということでその事を知ってからは特に気にせずプレイしてました。
ただ、女性キャラの目がでか過ぎるな~とは思いましたが...一昔前の萌え系統の作画みたいなので。



以下からネタバレ有りなので隠します↓

続きを読む

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

     

第2000回「最近良いことありましたか??」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「最近良いことありましたか??」です。今回で2000回目になります!凄いですね!このトラックバックを1回目から知ってる、やっているという方はいらっしゃるのでしょうか...そうしたらすごい記事数になりそうですねそんな節目な今回のテーマは、最近あった良いことについてです!悪いことは考えずに良いことを考えて過ごしましょう!みなさんは最近...
FC2 トラックバックテーマ:「最近良いことありましたか??」

最近のいいこと...
チュートリアルでポイントとコインが入ったこと!!

というわけで、またもや新しいゲームをプレイし始めました。アバターを作成して、ガーデニングやお料理屋さんを開いたり、街中へ歩いて人と知り合うゲームです。まぁ平たく言えば、『メイプルストーリー』みたいなヤツですな^^;
私自身この手のゲームは初めてなので最初何したらいいのかわからんです↓
Nicotto Town

テーマ : オンラインゲーム
ジャンル : オンラインゲーム

tag : トラックバックテーマ

     

PSP 『薄桜鬼 ポータブル』 クリア



本日のレビューは『薄桜鬼 ポータブル』です。
TV見ながら出来るゲームと言えば、携帯ゲームしかないだろう、ということで何年か前に買ったソフトを今になって再開し、全キャラをクリアし終えたところです。
明日は登録販売者模試なので、仕事休んできたしで、がっつりレビュー書けるから書いておこうと。
ルート進行は、土方→沖田→斎藤→藤堂→原田→風間
の順番でクリアしました。

・あらすじ紹介
主人公・雪村千鶴は父の行方を追う為に、京の都へ訪れるものの、妙な因縁から新撰組という集団と関わることになってしまい、捜し求めていた父親は古代からの最強人種『鬼』という集団と結託していた。


以下からネタバレ有りのレビューですので、隠します↓

続きを読む

テーマ : 薄桜鬼
ジャンル : ゲーム

     

PS3 『テイルズ オブ グレイセス f』 クリア

※短いレビューなのでいきなりネタバレ書いてますからご注意ください

テイルズ オブ グレイセス エフテイルズ オブ グレイセス エフ
(2010/12/02)
PlayStation 3

商品詳細を見る


本日のレビューは『テイルズオブグレイセスf』です。
4年前くらいに(確かヴェスペリアを買って本の数ヵ月後に買ったような...)買ってあったのを一昨年からプレイ開始して、今年になってようやく追加シナリオのクリアまで漕ぎ着けました。

まずはシステム面について。
戦闘は前回同様のクロスシーケンスバトルですが、やや上空から見下ろす形になり、これは幅広く見えそうで反面、動かしづらく、キャラクターも小さく見えてしまったのが残念でした。
いのまたテイルズにありがちですが、TP制ではなく防御もしくは攻撃する毎に必要なCC(チェインキャパ)が減ったり蓄積されたりするので必殺技を繋げていくのが困難でした。秘奥義もレベル毎に設定されていて出しづらかったし。

恒例の料理システムが廃止され、作りたい料理があれば、各お店屋さん(武器屋・防具屋・アイテム屋等...)で作成してもらわなくてはいけなくなり、少し楽しみが減ってしまった気がしました。
新しいアイテムを入手する毎に、

進めていくと、アニメーションの他に3Dモデリングによるムービーも挿入されて、若干ここ最近のFFくさく今風のゲームらしく感じられるものの、いっそのことムービーをアニメか3Dのどちらかにしてもいいのでは?と思っていたり。





以下からストーリーについて述べてます。
ストーリーはテイルズシリーズ初の幼少期と青年期に分かれて、家族の絆を描いているのは新鮮でもあり、先が気になる作りでしたが、特に意外性は感じられず、可も不可もなくの作りでしたし、キャラクターも一癖あるわけでもないですが、平凡な性格をしているものの、主人公・アスベルが少し守る守る詐欺の常習犯くさく感じられたのもマイナスでした。

PS3版で新たに追加された『未来への系譜篇』について。
本編シナリオで最大の疑問だったアスベルに取り込まれた未知生命体のラムダのその後についても書かれているし、永遠の生命を持つソフィが次の世代そのまた世代へと語り継がれていく...というストーリーとしてはキッチリ完結はしているものの、結果的にシステム面でもストーリー面でもヴェスペリアに及ばないな、と思いました。

テーマ : テイルズ
ジャンル : ゲーム

tag : テイルズ

     

PSP&PSVita 『幕末Rock&超魂(ウルトラソウルズ)』 レビュー

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当河本です今ハマっているものってありますか??河本は多趣味ゆえに常に何かにハマっています笑ゲームに飽きたら映画見続けて、それにも飽きたらカフェめぐりして、アクセサリー作って…その他もろもろ…短期間ハマってから次やりたい!と思うことを順番にやってます。なので、飽き性の部類に入るのかもしれません。。でも一度ハマったことはずっとやり続けてますよ!皆さんは長期...
FC2 トラックバックテーマ:「何かにハマったらずっとやっちゃう?それとも飽き性?」


幕末 Rock (特典無し)幕末 Rock (特典無し)
(2014/02/27)
Sony PSP

商品詳細を見る


幕末Rock 超魂 超魂BOX幕末Rock 超魂 超魂BOX
(2014/09/25)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


本日のレビューは『幕末Rock』&『幕末Rock超魂』の2つです。
上記のテーマのように、ハマったらやり続けていくうちに、ビジュアライブモードを前曲オールA目指して難易度ハードまでトロフィーを獲得できました。難易度・超魂はまだ...。あまりにも難しすぎてオールAは断念中です。

だいぶ前に祖母の体調が悪くなったとは伝え、色々と忙しくなりなかなかブログの更新が出来ずにいましたが、先日その祖母が亡くなり、お通夜とか葬儀やらで一気に疲れが出たのか知りませんが、ここ最近体調がすぐれない日が続きました。今はなんとか持ち直して、通常の生活に戻りつつあります。
初七日は土・日辺りにお寺へお参りに行くことになると思います。

それでは、以下から各作品のレビューです。

正直音ゲーは前回当ブログで述べたましたが、『太鼓の達人』以来だし、そんなに得意じゃないジャンルのゲームなので、プレイする意欲が全くなかったのですが...
たまたま去年放映されたアニメ版が全話視聴
      ↓
第8話で女の子キャラが登場した
      ↓
だったらプレイしてみてもいいかな
      ↓
中古で購入、早速プレイ
      ↓
うん、バカゲーだが、おもろい。
という結果に至りました。
はい、そういう奴なんです自分は、面白ければ何でも。

まずはネタバレのない所から。
ADVパートとリズムゲームオパートに分かれており、ADVパートではキャラクターデザインが『ドラッグオンドラグーン』で有名な藤坂公彦さんとは知らずにプレイしてたから、グラフィックの出来が少し同人ゲーム臭い気がして、キャラデザとゲーム画面のグラフィックがイマイチ噛み合っていないなぁ...とは思ってましたが、公式アートブックによると、ゲーム原画とキャラ立ち絵は違う人が担当されたということで、当初気になっていたグラフィックの甘さもこれもこれでアリかなと感じるようになりました。
そういえば、以前プレイしてた『朧村正』もマーベラス制作だとのことなので、グラフィックの格差に驚いてしまいました。

リズムゲームパートはムービーをバックに各ボタンでリズム通りに押していくシステムですが、当初はリズムを知らずに適当に押してて、DかEランクを獲得してたこともありましたが、長いことプレイし続けていくうちに慣れてきて今ではAかBも獲得出来、今ではイージー・ノーマルモードでオールSランクです。
続編の超魂では、ボタンと共に十字キーを押さなくていけず、慣れるのが大変でしたが、こちらも前作同様苦労せず、プレイ出来ました。
上から降りてくる△ボタンを押し続けていくと、シャウトレベルが上がり、レベル3だとバックのグラフィックでキャラの服が破れるというご褒美映像があるという情報は事前に聞いてたので、なんとなく見えなくもないのですが、ハッキリ言ってリズムの方に夢中なので見ている暇が全くない上に見難いのが残念でした。公式アートブックで全パターンのグラフィックが掲載されてて嬉しかったりしました^^;
アニメ版ではパッション全開(?)シーンで上半身裸になるという状態になってたので...
超魂では新たなシャウトレベル4でほぼ全裸に近いグラフィックになったので見やすくはなりましたが。アートブック2の出来が楽しみだったりします。

以下からネタバレアリなので隠します↓

続きを読む

テーマ : 乙女ゲー
ジャンル : ゲーム

tag : 幕末Rock トラックバックテーマ

     

SS 『リンダキューブ 完全版』 レビュー

リンダキューブ完全版リンダキューブ完全版
(1998/06/18)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

本日のレビューは『リンダキューブ完全版』です。
だいぶ昔に中古ゲームショップの通販で買って以来、去年までモバゲーや携帯ゲームばかりプレイしてて久しぶりの据え置き型ゲームです。
PCエンジンから始まり、プレイステーションにも移植され、新たな追加要素を収録したセガサターンが最新となります。セガサターン版の特典として、サウンドトラック1枚とPCエンジン版の原画も特定の条件を満たせば閲覧できる仕様になっております。

現段階のセーブ状況は、Cシナリオまでクリアしたものの、Dシナリオのタイムトライアルに苦戦しててなかなか100種類登録出来ず断念中です。愛の巣に置く家具は全て所持金使い果たしてサイン色紙手に入れましたが。



まずはネタバレのないところから。
シナリオはA・B・Cから成り立っており、本来の目的はつがいの動物を登録し、箱舟を出発させなければいけませんが、それぞれ単独のストーリーを楽しめることが出来るのでやらされている感はありませんでした。
動物を捕らえることが目的でも、プレイヤーの攻撃力が動物のHPを上回ってしまうと、破裂して捕獲できなくなったり従来のRPGとは違い、駆け引きを楽しめることが出来ます。
捕らえた動物は、肉にしたり、武器・防具に化工出来ます。ある意味、ポケモンやモンハンを先取りしたシステムが斬新でした。
肉や花も年月が経つにつれ、徐々に腐ったり、枯れたりとリアリティを持たせてます。
動物もこの世の物とは思えない、グロテスクなのが多く、好き嫌い別れるかもしれません。
アニメーションもどこか生々しいものが多いし...そもそも赤いグロテスクシールが貼られたのもこの辺りだったような気がします。


以下から各シナリオについてのネタバレ有りなので隠し↓

続きを読む

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 桝田省治 レトロゲーム

     

桝田作品2作

今SS版をプレイ中の桝田省治作品の内2作のムービー載せたいと思います。
一つ目は『リンダキューブ』
CMからいきなり凶器染みた内容で引く人続出しそう...


もう一つは、『ネクストキング』
リンダと一風代わった明るいボードゲームですが、内容は割りと一癖二癖もあります^^;

テーマ : レトロゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : レトロゲーム ギャルゲー 桝田省治

プロフィール

Author:まきびし
P.N.は茉瀬淑妃(まつせよしき)
『箱舟工房』というサークル名で活動してます。

某高校のアニメ研究部で伽藍瑞岐という名で本を発行してました。
現在は、気ままにお絵かきしてオタクしながら登録販売者やってます。

『艦隊これくしょん』
『幕末Rock』
『刀剣乱舞』
『妖怪ウォッチ』
『SHOW BY ROCK!!』
『終わりのセラフ』
『ラブライブ!』
『ご注文はうさぎですか?』
『NEW GAME!』
『賭ケグルイ』
『アカメが斬る!』
『ヴァニタスの手記』
『暗殺教室』
『ユーリ!!!onICE』

にハマり気味です。

日本史、世界史、アーサー王物語、里見八犬伝、西遊記、封神演義、ココア、ミルクティー、チョコレート、ロボットアニメ、ガンダム、読書、RPG、ADV、KADOKAWA、ナムコ・コナミ・任天堂・カプコンのゲーム、ライトノベル、小説、少年漫画、少女漫画、幕末、三国志、戦国時代、パワーストーン、アイルー、ニャン子先生、リラックマ、ゆるキャラ、ジバニャンをこよなく愛すアラサーです。

参加イベント一覧↓
・迷える子羊たち15匹目/2009/10/12アスト津アストホール
・迷える子羊たち23匹目/2013/1/27アスト津アストホール
・こみっくトレジャー28/2016/9/18インテックス大阪
・迷える子羊たち29匹目/2016/10/16アスト津アストホール(予定)
・こみっくトレジャー29/2017/1/15(予定)

メールでのお返事はコチラでお願いいたします↓
makibishi0523★yahoo.co.jp (★を@に変更してください)

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

ユーザータグ

特定のジャンルに細かく分けている場合です

トラックバックテーマ ジャンプ 刀剣乱舞 オススメ本 スクエニ レトロゲーム 医療事務 ギャルゲー FE 懐かしアニメ スパロボ 特撮 SDガンダム 西尾維新 R-18 ガンダム ダンガンロンパ 桝田省治 艦隊これくしょん 同人イベント FF ライトノベル 幕末Rock twitter 美少女 少年ジャンプ リンク お気に入り動画 フィギュア マクロスF まおゆう カプコン 博物館学芸員 テイルズ ファルコム 吸血姫美夕 詳しくはコチラで 秋アニメ 拍手お礼 

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
918位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


Perfume LOVE!

オタクの部屋☆

にこらん?

DIYer+オタクライフスタイル

外部リンク&参加同盟等

twitter

ブクログ


TINAMI

Pixiv


GALLERIA

つなびぃ

読んでる本・漫画の一覧
まきびしの今読んでる本

見たアニメ・映画一覧
まきびしの最近観たビデオ

QMA7

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ







人気ブログランキング


萌えプリン

モンスターハンター3rd




ブログ

banner.gif
2.jpg
doumei_banner_3.gif
4.gif
b01-1.gif bana-132.gif m1-0.gif ☆♀体化幸村愛し隊☆

QRコード

QR

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

オススメ商品リスト

これから買う予定の商品をジャンル問わず並べた物です。

文楽みくじ

横断検索 ver2

task.jpg

google
youtube
ニコニコ動画
wikipedia
amazon
楽天
ヤフオク

Powered by escat

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる